空中キャバレー本日千秋楽!100倍楽しむために観客としてできること。

夢のような「空中キャバレー」も本日で終了

始まったばかりと思っていた空中キャバレーも本日千秋楽。

あの夢のような空間が終わってしまうのはなんとも寂しいですね。

本日観に行く方は心ゆくまで串田ワールドを楽しんで来てください。

でもとても大事なのは「観に行く」のではなくて「一緒に楽しむ」こと。

一緒に楽しむために観客としてできることをちょっと書いていきますね。

 

 

自分もいろいろな面白い格好をして「空中キャバレー」の住人になろう

空中キャバレーは普通の格好で観に行ってはいけません。

むしろ「変わった格好」がスタンダード。

普通の格好をしていると逆に浮いてしまうかも!?

 

かぶりものをしたり、光り物を身に着けたり、空中キャバレーの世界に溶け込む必要があります。

 

変装グッズはマルシェで買える

まつもと市民芸術館の入り口を入ったところからはじまる「マルシェ」

いろいろな不思議なものが売っているのですが、変装グッズが売られていることも重要なポイントです。

写真が撮れないので全部紹介できないのが残念。

ピカピカ光るメガネだったり、チャカチャカ光るものだったり、パカパカ鳴る鳴り物だったりといろいろなものがあります。

 

そして

MJCでもバルーンの帽子を販売中。

街なかじゃなかなかかぶれないバルーンハット、300円。

空中キャバレーでは普通にかぶっていても全然ヘンじゃないんですよ。

逆になにもかぶらないほうが空中キャバレーの世界に入れなくて損しますよ~。

 

お花のプレゼントで出演者に感謝の意を伝えよう

連日の公演で楽しい世界をプレゼントしてくれた出演者の方々にはお花のプレゼントを。

公演中はもちろん、最後に出演者の方々と触れ合う時間があるのも空中キャバレーの魅力です。

最後には思いっきり「楽しかった~」と直接感謝の意を伝えましょうね。

 

マルシェではお花を扱っているお店もいくつかあるんです。

MJCではバルーンフラワーも販売中。

実はこれとても人気だったりします。

もちろんご自宅に飾っていただいてもステキですよ。

 

数にも限りがありますのでお早目にゲットしてくださいね。

それでは本日もお待ちしていまーす。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

空中キャバレー@まつもと市民芸術館。行かないと損する理由と観る時の心得。

 

折りたたみのザブトン持って千秋楽へGO!

 

 

Follow me!